3Dプリンターのまとめ帳

個人で買える3Dプリンターのおすすめ機種を比較しています。

【まとめ】3Dプリンターのおすすめ「コンパクトなサイズ編」ベスト5 | 個人向けで低価格な小さくて軽い機種



スポンサーリンク

コンパクトサイズ!ベスト5のご紹介

前回の記事では「星5つ!ベスト5」をご紹介しました。特におすすめの機種でした。さて今回は、これまでに紹介した中からコンパクトさに着目して、一覧にまとめて紹介していきます。

3dprint.hatenablog.com



個人として家庭で3Dプリンターを楽しむのであれば、重要なポイントのひとつがサイズですね。家で使うとなると、設置場所には限りがあります。「思っていたよりも大きかったので置き場所に困った…」なんていうことにならないようにしておきたいものです。





それではご紹介していきたいと思います。ちなみに「星5つ!ベスト5」の記事でご紹介したものも、いくつか登場します。その機種はコンパクトなサイズ的にもトータル的にも優れた、特におすすめな一品です。




人気の、小さくて、軽い「ボンサイラボ BS CUBE」

【ボンサイラボ】BS CUBE™ PLA 3Dプリンター クリアブルー

メーカー ボンサイラボ 商品名 BS CUBE
最大造形サイズ 110*110*125 本体サイズ 210*195*279
重量 2.8kg フィラメント 1.75mm PLA
ノズル径 0.4mm 積層ピッチ 推奨0.2mm(0.1-0.4)
組み立て 不要 その他 SDカード

★★★★★


こちら、「星5つ!ベスト5」でも登場した機種です。
この機種は本体サイズが210×195×279(mm)と小さく、重量も2.8kgと3Dプリンタの中では非常に軽いです。


2017年の9月に発売された新しい機種ながら、すでに人気のあるタイプの3Dプリンターです。ボンサイラボは国内のメーカーで、これまでにも3Dプリンターでの実績があり、使いやすさに定評が合ったため、発売前から話題になっていたようです。


組立不要な完成品であり、国内メーカーでもあり安心です。他のタイプも見て「迷ったらコレ!」ですね。



こちらでも紹介しています。
3dprint.hatenablog.com




コンパクトな簡単組み立てタイプ「HICTOP Reprap Prusa i3 3dp-21」

HICTOP 3Dプリンター Reprap Prusa i3 3D プリンターキット DIY アルミフレーム 未組立 高精度 PLAフィラメント少量付き 3DP-21

メーカー HICTOP 商品名 3dp-21 (Reprap Prusa i3)
最大造形サイズ 150*150*200 本体サイズ 300*330*540
重量 4.2kg フィラメント 1.75mmPLA/ABS/Soft rubber/wood/他
ノズル径 0.4mm(0.2/0.3に変更可) 積層ピッチ 0.05-0.4mm
組み立て 必要 (説明書とSDカード付き 5ステップ 1時間以内) その他 SDカード、mac/win/linux

★★★★★


こちらも、「星5つ!ベスト5」でも登場した機種です。本体サイズ300×330×540(mm)、重量4.2kgです。造形サイズは先ほどのボンサイラボ BS CUBEよりも大きく、150×150×200(mm)です。


こちらは、簡単組み立てのタイプで、積層ピッチも最小0.05mmと細かい出力が可能です。


組み立てタイプや細かい積層ピッチが欲しくて、コンパクトにも設置したい場合にはこの機種が良いですね。(本体サイズだけで考えると、最初に紹介したボンサイラボ BS CUBEがとてもコンパクトです)



こちらでも紹介しています。
3dprint.hatenablog.com




サイズダウンした、非常に安い組み立てタイプ「ALUNAR Reprap Prusa i3 M518」

ALUNAR-M518【新出品】DIYコンパクト 3Dプリンターキット 未組立 プリントサイズ150*150*150mm 初心者 高校生 子供プレゼント向き(ブルー)

メーカー ALUNAR 商品名 M518 (Reprap Prusa i3)
最大造形サイズ 150*150*150 本体サイズ 395*395*415
重量 5.8kg フィラメント 1.75mm PLA
ノズル径 0.4mm 積層ピッチ
組み立て 必要 (動画付き) その他

★★★★


この機種は、本体サイズが395×395×415(mm)、重量が5.8kgです。ひとつ前の3dp-21よりも、縦横サイズは大きくなっていますが、高さが抑えられている機種です。


価格も非常に安いため、組み立てに問題がない人には、敷居も低くコストパフォーマンスは非常に良いです。




こちらでも紹介しています。
3dprint.hatenablog.com




Wi-Fi接続可能で使いやすく、安心な「XYZプリンティング ダヴィンチ mini w」

3Dプリンター ダヴィンチ mini w (無線LAN対応 Wi-Fiモデル)

メーカー XYZプリンティング 商品名 ダヴィンチ mini w
最大造形サイズ 150*150*150 本体サイズ 390*335*360
重量 7.0kg フィラメント 専用フィラメント PLA
ノズル径 0.4mm 積層ピッチ 0.1-0.4mm
組み立て 不要 その他 Wi-Fi、Windows 7以上、Mac OS X 10.8以上


この機種は、本体サイズが390×335×360(mm)、重量が7.0kgです。同じく組み立て不要のボンサイラボのBS CUBEには劣りますが、コンパクトなタイプです。


パーソナル・ファミリー・プロシューマ向けに3Dプリンターを提供しているXYZプリンティングの製品であり、安心感があります。専用フィラメントを使用することになるため、ランニングコストとしては他のものよりも劣りますが、汎用性が低いということは逆に、選択肢を考えなくても済む初心者向けであり、組み立ても不要なので手間がかかりません。


また、Wi-fiを備えたタイプであるため、どこからでも手軽な出力が可能です。


★★★★


こちらでも紹介しています。
3dprint.hatenablog.com




操作がとても簡単な「XYZプリンティング ダヴィンチ miniMaker」

3Dプリンター ダヴィンチ miniMaker

メーカー XYZプリンティング 商品名 ダヴィンチ miniMaker
最大造形サイズ 150*150*150 本体サイズ 400*340*360
重量 7.0kg フィラメント 専用フィラメント PLA
ノズル径 0.4mm 積層ピッチ 0.1-0.4mm
組み立て 不要 その他


この機種は、本体サイズが400×340×360(mm)、重量が7.0kgです。ひとつ前のダヴィンチ mini wとほぼ同じ大きさです。違いは、こちらにはwi-fi機能が搭載されていません。


家庭で、親子の交流をコンセプトに作られているため、操作はとても簡単です。ダヴィンチシリーズの中でも例外的に、このminiMakerは、LED搭載の操作ボタンが1つ用意されているだけであり、シンプルさが徹底されています。

★★★★★


こちらでも紹介しています。
http://3dprint.hatenablog.com/entry/2017/08/16/203000





まとめ

以上が、本サイトで紹介しているもので「小さくて、軽い」の、おすすめ機種です。迷った場合のおすすめは、やはり人気もバランスもよく、小さくて軽い「ボンサイラボ BS CUBE」です。


それでは、お気に入りの1台を見つけて、良い3Dプリントライフを楽しんでくださいね。